« BadUSBの次はBadHDD:技術の無駄遣い・・・ | トップページ | 何事にも初めてはある:私がペーパードライバーを卒業したきっかけ »

2015年4月10日 (金)

21インチラックというサイズがあることを初めて知った

 通信機器のラックマウントのサイズは19インチと相場が決まっている。そのサイズよりも小さな製品もあるが、大抵の場合ラックマウントキットというものがオプションで用意されていて、19インチラックに収納できるようになっている。
 ところが先日、(2/2)News & Trend - アップル参加で勢いづくOCP、フェイスブックは「Xeon D」搭載サーバー公開:ITproという記事を読んでいたら、「通常の19インチラックよりも幅が広いOCP仕様の21インチラック」というものが世の中に存在するということを知った。今まで、いろいろな標準があり、技術の進歩にともなって改訂されてきたが、ラックサイズの19インチだけは、不動のものだと思っていたのだが、そうではないようだ。

« BadUSBの次はBadHDD:技術の無駄遣い・・・ | トップページ | 何事にも初めてはある:私がペーパードライバーを卒業したきっかけ »

技術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/61414510

この記事へのトラックバック一覧です: 21インチラックというサイズがあることを初めて知った:

« BadUSBの次はBadHDD:技術の無駄遣い・・・ | トップページ | 何事にも初めてはある:私がペーパードライバーを卒業したきっかけ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ