« 自動車のソフトウェアアップデートは何年くらい有効なのだろうか | トップページ | 情報処理5月号の小特集は「コンピュータの数学」:社会に出てからわかる数学の重要性 »

2015年4月20日 (月)

トランジスタ技術5月号の特集は「要点300超! 百戦錬磨の回路図」

 トランジスタ技術2015年5月号の特集は、回路にまつわる要点をまとめたものである。私は、組み込み技術屋なので、マイコン周りの実務経験しかないが、この記事を読んでいろいろ思い出した。

・要点3-信号は左から右へ、電流は上から下へ、電圧は高い方が上:上司に叩き込まれた。
・要点54-CR時定数回路の出力はシュミット・トリガで受ける:昔、普通のゲートで受けて大変な目にあった。普通のゲートには立ち上がるのなまった波形を入力してはいけない。
・要点108-電源ラインにタンタルはすすめない。積層セラミックや固定アルミ電解を使う:理由は要点112に書かれている。タンタルコンデンサの故障モードは短絡モードだからだ。開発者というのは、部品の故障モードまで考慮して設計しなければいけない、ということを、このことで知った。
・要点60-回路記号はわかりやすいものを使い統一させる:トランジスタやダイオードは昔は○で囲まれていたが、今では囲まない。でも私は、今でも手書きの時には、昔からの習慣で○で囲む。
・要点65-ベターはグッドの敵:ロケット開発者の間で使われてきた言葉だそうだ。すでに問題なく動いているシステムをもう少し良くしようとベターを求めると、システム全体のバランスがくずれて、かえって悪い結果を招くことがあるという意味らしい。こんなに、高度な話ではなく、せっかく動いたソフトウエアを、少しきれいなコードにしようとして手を入れてバグを招いたことなら何度もある。

« 自動車のソフトウェアアップデートは何年くらい有効なのだろうか | トップページ | 情報処理5月号の小特集は「コンピュータの数学」:社会に出てからわかる数学の重要性 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/61469571

この記事へのトラックバック一覧です: トランジスタ技術5月号の特集は「要点300超! 百戦錬磨の回路図」:

« 自動車のソフトウェアアップデートは何年くらい有効なのだろうか | トップページ | 情報処理5月号の小特集は「コンピュータの数学」:社会に出てからわかる数学の重要性 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ