« 自動運転車の普及で意外な社会影響:風が吹けば桶屋がもうかるかは別にして影響はあるのだろう | トップページ | グーグル社に巨額制裁金の可能性:最悪7200億円 »

2015年4月15日 (水)

車のIT化とは何か:日経ITproの記事より

 車がIT化するといっても、その内容が具体的にイメージできない。
 宮本和明のシリコンバレー最新先端技術報告 - クルマはInternet of Things!Teslaは走るコンピューター、ソフトウエアで性能を定義する:ITproを読むと、現状でもここまで進化しているのか、とびっくりする。自動駐車機能「Autopilot Parking」などは、駐車が下手なサンデードライバーならだれでも欲しい機能だ。未来の車として考えられていたような世界が、既にTeslaで実現されている。
 たぶん要素技術としては、同様の技術をトヨタやホンダも持っているのだろう。だが、実現するためのシステムの複雑さという意味では、電気自動車はモーター制御なので、ソフトでの制御と相性がいいのである。単なる電気自動車ではなく、電気自動車というモーター制御を含む、システム発想はシリコンバレーでしか生まれないものなのだろうか。

« 自動運転車の普及で意外な社会影響:風が吹けば桶屋がもうかるかは別にして影響はあるのだろう | トップページ | グーグル社に巨額制裁金の可能性:最悪7200億円 »

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/61444692

この記事へのトラックバック一覧です: 車のIT化とは何か:日経ITproの記事より:

« 自動運転車の普及で意外な社会影響:風が吹けば桶屋がもうかるかは別にして影響はあるのだろう | トップページ | グーグル社に巨額制裁金の可能性:最悪7200億円 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ