« 21インチラックというサイズがあることを初めて知った | トップページ | どうして「質問形式」で叱ってはならないのか?:日経ビジネスOnlineの記事より »

2015年4月11日 (土)

何事にも初めてはある:私がペーパードライバーを卒業したきっかけ

 別のブログに書いたのだが、大英博物館展の特集の雑誌が面白くて読んでいた。そうすると、その中に、過去の大英博物館展の歴史が載っていた。その中に載っていた世田谷美術館で開催された大英博物館展に行ったことがあって、これが非常に思い出深いのである。
 私は、千葉に住んでいる。世田谷美術館は、千葉からだとかなり遠い。しかも電車だけでは行けず、バスにも乗る必要がある。行きたいのだが、行くのは大変だということになった。車なら首都高の用賀インターから近そうだ。車で行こうという決心をした。実は、私はペーパードライバーで、その時まで高速には乗ったことがなかったのである。しかし、大英博物館展に行きたいという気持ちが勝って、頑張って無事行くことができた。大英博物館展がなければ、今でも高速に乗れず、近所だけを運転するペーパードライバーのままだったかもしれない。何事にも初めてということはある。そして、初めてに着手するのには、ちょっとしたきっかけが必要だ。

« 21インチラックというサイズがあることを初めて知った | トップページ | どうして「質問形式」で叱ってはならないのか?:日経ビジネスOnlineの記事より »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/61423326

この記事へのトラックバック一覧です: 何事にも初めてはある:私がペーパードライバーを卒業したきっかけ:

« 21インチラックというサイズがあることを初めて知った | トップページ | どうして「質問形式」で叱ってはならないのか?:日経ビジネスOnlineの記事より »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ