« 相互接続という課題:標準だけでは解決できない実装課題 | トップページ | りそな銀行のATM手数料 »

2015年4月24日 (金)

放射能で電子機器は故障することをあらためて知った

 2台目のロボットも回収せず、ケーブル切断 : 科学 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)というニュースを読んで,電子機器というのは放射能に弱いんだということをあらためて知った。福島第一原子力発電所1号機の原子炉格納容器内で調査をしていたロボットの監視用カメラが、強い放射線のため故障したというのだ。
 メモリーチップがα線で誤動作するという有名な話がある。宇宙線でも起きる可能性があるということで,航空機や宇宙船など高度の高いところで動く機器では対策されている。ただ,これは,誤動作するというだけで,故障にまではいたらない。誤動作については,2重化などの対策があるが,故障はどうしようもない。
 監視カメラなので,撮像関係のところは,外界と接することになるので,故障でもしたのだろうか?光学機器は放射能に強いだろうから,電子機器は鉛で覆っ
て,光学的手段で外界の情報を監視カメラへ送るとでもいうような手段が必要になるのではないか,と素人ながら推測している。

« 相互接続という課題:標準だけでは解決できない実装課題 | トップページ | りそな銀行のATM手数料 »

ニュース」カテゴリの記事

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/61483448

この記事へのトラックバック一覧です: 放射能で電子機器は故障することをあらためて知った:

« 相互接続という課題:標準だけでは解決できない実装課題 | トップページ | りそな銀行のATM手数料 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ