« マイナンバーが派遣会社の追い風になる:日経ITproの記事より | トップページ | 車のIT化とは何か:日経ITproの記事より »

2015年4月14日 (火)

自動運転車の普及で意外な社会影響:風が吹けば桶屋がもうかるかは別にして影響はあるのだろう

 自動運転技術に関する報道は多いが、自動運転技術が実際に普及した時の影響についてまで、既に検討が始まっているというのはびっくりである。自動運転車の普及で意外な社会影響を予測:“明日”をつむぐテクノロジーによれば、短距離の航空市場が縮む可能性があるらしい。少し引用する。

 調査では多くの人々は可能であれば短距離飛行より、5時間の運転なら自動車の旅の方を望むという。自動運転車なら、自動車の室内を寝室に変身させる設計が可能になるという。そうなったら、一般消費者は自動車内に一泊しながら気楽な旅ができる。自動運転車を実現できれば、世の中はかなり変わる可能性が見えてくる。

 これは、実感としてもそうである。私は自宅が千葉で、実家が大阪である。自宅から実家へ帰省するのに、実家での利便性と、こどもが小さくて新幹線や飛行機で迷惑をかけることを考えて、子供の小さいころは車で帰省していた。千葉・大阪間は5時間では済まない距離だが、状況によっては車の方がうれしい。今では、子供も大きくなり、そんな長時間、車を運転できる年でもないので、飛行機で移動している。だが、自動運転で寝たまま移動してくれるなら、車を選ぶと思う。
 風が吹けば桶屋がもうかる的な話ではある。本当にそんな因果関係が実現するかは別にして、風が吹けば、いろいろな影響があるのは確かなようだ。

« マイナンバーが派遣会社の追い風になる:日経ITproの記事より | トップページ | 車のIT化とは何か:日経ITproの記事より »

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/61439894

この記事へのトラックバック一覧です: 自動運転車の普及で意外な社会影響:風が吹けば桶屋がもうかるかは別にして影響はあるのだろう:

« マイナンバーが派遣会社の追い風になる:日経ITproの記事より | トップページ | 車のIT化とは何か:日経ITproの記事より »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ