« NXP社がフリースケール社を買収 | トップページ | 脆弱性診断士-いろいろな資格を考え出すものだ:スキルマップは参考になる »

2015年4月 4日 (土)

モノレールの往復割引切符が羽田で買えなくなった:地方空港で購入する必要がある

 何度も書いているが、私は、大阪と東京の移動に飛行機を使っている。その際に、羽根田空港から都心へ出るのに、モノレールを使っている。
 羽根田空港から浜松町駅まで、通常価格で往復960円かかるところを、東京モノレール:きっぷ・Suica情報>おトクなきっぷ>モノレール羽割往復きっぷを使えば、10日以内に往復するなら800円で往復できる。今年の3月までは、羽田空港の駅で、この往復切符を買えたのだが、4月からは買えなくなってしまった。
 では、どこで買えるのかというと、地方空港らしい。つまり、地方空港で、飛行機を乗る前に、購入する必要がある、ということだ。なぜ、こんな仕組みにしたのか、よくわからない。地方空港で、モノレールの切符の自販機が置いてあるが、その売り上げを増大しなければならないのだろうか???

« NXP社がフリースケール社を買収 | トップページ | 脆弱性診断士-いろいろな資格を考え出すものだ:スキルマップは参考になる »

東京と大阪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/61386959

この記事へのトラックバック一覧です: モノレールの往復割引切符が羽田で買えなくなった:地方空港で購入する必要がある:

« NXP社がフリースケール社を買収 | トップページ | 脆弱性診断士-いろいろな資格を考え出すものだ:スキルマップは参考になる »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ