« パーソナルコンピューティングの30年より:Windows本格普及の足音 初の成功、「3.1」(1993年) | トップページ | パーソナルコンピューティングの30年より:Windows 95の登場 MS 、 OS覇権への執念(1995年) »

2015年5月 5日 (火)

パーソナルコンピューティングの30年より:インターネットの一般開放 商業利用で爆発的に広まる(1994年)

 前回に引き続きパーソナルコンピューティングの30年という本の記事を基に、思い出したことについて少し書いてみたい。
 インターネットをいつ使い出したのか、あまり記憶にない。
 仕事で、まず、メールを使うようになったことは確かだ。Macで動くEudoraというメーラーがあって、結構長い間使っていた。会社のメインのPCがWindowsになっても、このEudoraを使っていた。ただ、Mac版のEudoraは、UIが洗練されていて使いやすかったのだが、Windows版のEudoraのできは今一つで、フリーのメーラーがあるのに、わざわざ有料のメーラーを使う気になれず、Thunderbirdに乗り換えることになる。
 個人的に、ネットを使うようになったのは、Windows95以降である。

« パーソナルコンピューティングの30年より:Windows本格普及の足音 初の成功、「3.1」(1993年) | トップページ | パーソナルコンピューティングの30年より:Windows 95の登場 MS 、 OS覇権への執念(1995年) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パーソナルコンピューティングの30年より:Windows本格普及の足音 初の成功、「3.1」(1993年) | トップページ | パーソナルコンピューティングの30年より:Windows 95の登場 MS 、 OS覇権への執念(1995年) »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ