« IoTのセキュリティ:言い訳をせずに真剣に取り組む必要があるだろう | トップページ | 雨の日の傘をさした自転車は危ない »

2015年6月29日 (月)

Googleはネットワークスイッチを内作している:日本の企業では真似できないだろうなあ

 シリコンバレーNextレポート - 「10年前からスイッチを自作」、Googleが“公然の秘密”をついに公表:ITproによれば、Google社はネットワークスイッチを内作しているらしい。いくらサーバーが仮想化されても、ネットワークと接続される部分にボトルネックがあれば、結局は性能に影響する。
 サービスによって、ネットワークとサーバーとの帯域も切り替えていくことを考えるとファブリックネットワークで接続されることが望ましいが、10年前には、市販のネットワークスイッチでそうした機能を有するものがなかったので内作したらしい。
 本当に優位性のあるサービスを実現するために、Google社が開発してきた技術は、びっくりするような内容だ。検索エンジンにおける圧倒的シェアを維持するために、多様な技術開発をやってきているわけだ。日本は、技術は優秀だが商売が下手だという言い方がある。しかし、この記事を読む限りでは、技術においても、圧倒的に負けているとしか思えない。

« IoTのセキュリティ:言い訳をせずに真剣に取り組む必要があるだろう | トップページ | 雨の日の傘をさした自転車は危ない »

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/61813357

この記事へのトラックバック一覧です: Googleはネットワークスイッチを内作している:日本の企業では真似できないだろうなあ:

« IoTのセキュリティ:言い訳をせずに真剣に取り組む必要があるだろう | トップページ | 雨の日の傘をさした自転車は危ない »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ