« 日野原さんの講演:103歳にもなって30分立ったまま講演できるとは | トップページ | Windwos10を7月29日からリリース:そろそろデスクトップPCの買い替え時期 »

2015年6月11日 (木)

Intel社のAltera社買収にそんな目的があったなんて:日経テクノロジーOnline の記事より

 いろいろなチップメーカーの買収に関して、前にも書いたが、生き残りのために大変なんだなあ、と思っていただけである。
 Intel社がAltera社の買収に必死だったわけ - 半導体デバイス - 日経テクノロジーオンラインを読むと、Intel社ですら、生き残りのために、周到に買収をしているということがわかる。
 この記事によると、Intel社の狙いは次の3つらしい。記事を引用する。
 Altera社を買収することによって、Intel社は次のような3つの未来を手に入れることになるだろう。(1)データセンター向けプロセッサー事業で新基軸の製品を次々と投入していく未来、(2)組み込みプロセッサー事業で新機軸の製品を投入していく未来、(3)安定したファウンドリー事業を営む未来である。
 なかなか、したたかな狙いである。まあ、2兆円も使うのだから、狙いが明確なのは当たり前であるが。なぜ、Intel社がAltera社を、というのがよく理解できた。
 日本企業も、事業を切り売りするだけでなく、このくらい明確な狙いでM&Aをしてほしいものだ。

« 日野原さんの講演:103歳にもなって30分立ったまま講演できるとは | トップページ | Windwos10を7月29日からリリース:そろそろデスクトップPCの買い替え時期 »

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/61719629

この記事へのトラックバック一覧です: Intel社のAltera社買収にそんな目的があったなんて:日経テクノロジーOnline の記事より:

« 日野原さんの講演:103歳にもなって30分立ったまま講演できるとは | トップページ | Windwos10を7月29日からリリース:そろそろデスクトップPCの買い替え時期 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ