« 安物の時計を買ったらバンドの調整が大変だった | トップページ | ラズベリーパイで動くWindows:デスクトップ画面はないのか・・・ »

2015年6月15日 (月)

IoT普及のためには中堅どころのチップメーカーが必要

 Qualcomm社といえば、CDMA通信の基本特許を有し、チップを売るだけでなく知財でも儲けるという会社として有名である。
 Qualcomm、実はIoTでも強かった - ビッグデータ・M2M・IoT - 日経テクノロジーオンラインによると、携帯電話やスマホのチップだけでなく、IoTの分野でも大きな存在感があるらしい。サーモスタットやセキュリティーカメラなど、家庭向けのネットワーク製品でも、累計1億2000万台に組み込まれているというからずごい。
 あまり強いチップメーカーというのは、私のようなあまり数がでない製品のセットメーカーの組み込み技術者にとっては、好ましくない。数が出ない用途だと、全く相手にしてくれないからである。現に、Qualcomm社には門前払いされた経験がある。
 世の中は、携帯電話のように、数が出る製品だけではない。特にIoTの世界は、いろいろなデバイスがネットを通して連携するところに面白味がある。
 IoT全体としては、膨大な数になるふだろうが、1つ1つの製品の中には、そんなに数の出ない製品もあるに違いない。そういうユニークな製品を作るためには、あまり数が出なくても相手にしてくれる中堅どころのチップメーカーが必須である。

« 安物の時計を買ったらバンドの調整が大変だった | トップページ | ラズベリーパイで動くWindows:デスクトップ画面はないのか・・・ »

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/61719654

この記事へのトラックバック一覧です: IoT普及のためには中堅どころのチップメーカーが必要:

« 安物の時計を買ったらバンドの調整が大変だった | トップページ | ラズベリーパイで動くWindows:デスクトップ画面はないのか・・・ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ