« 交通機関は寒い夏がやってきた | トップページ | 本当にお粗末な年金機構の情報流出:インターネットに接続するPCで業務をする必要があるのか »

2015年6月 1日 (月)

Qualcomm社の次期チップに深層学習などを実現できる機能を搭載

 Qualcomm社がIoTにも力を入れているらしいというのは、少し前に書いた。それ以来、Qualcomm社の動向は少し気になっている。その気になる話は次期チップのSnapdragon 820で、深層学習などを実現できる機能を搭載するという話である。
 【イベントレポート】Qualcomm、Snapdragon 820の概要とLTE-Uのライブデモを公開 - PC Watchによると、詳細な内容は不明だが、Zerothプラットフォームというアーキテクチャで、CPU/GPUの演算能力を活用してディープラーニング機能などを実現するらしい。
 IoTの世界の中で、どこにインテリジェンスを持たせるか、というのは、いろんな意見がある。サーバーサイドの人は、当然クラウドというし、シスコのような企業は前にも書いたがフォグコンピューティングだと主張する。Qualcomm社は、スマホや、場合によってはデバイスにインテリジェンスを持たせることを考えているということだろうか。

« 交通機関は寒い夏がやってきた | トップページ | 本当にお粗末な年金機構の情報流出:インターネットに接続するPCで業務をする必要があるのか »

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/61680302

この記事へのトラックバック一覧です: Qualcomm社の次期チップに深層学習などを実現できる機能を搭載:

« 交通機関は寒い夏がやってきた | トップページ | 本当にお粗末な年金機構の情報流出:インターネットに接続するPCで業務をする必要があるのか »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ