« IoT普及のためには中堅どころのチップメーカーが必要 | トップページ | 事業部門はIoT応用のIT活用についてIT部門に相談なんかしない »

2015年6月16日 (火)

ラズベリーパイで動くWindows:デスクトップ画面はないのか・・・

 Windows10がなんとラズベリーパイで動くということについては、以前書いたことがある。でも、その実態が何かはわからないかった。ラズパイ2向けWindowsのプレビュー版となる「Windows 10 IoT Core Insider Preview Image for Raspberry Pi 2」を実際にインストールした記事が記者の眼 - 感動!ラズベリーパイでWindowsが動いた!(ただしIoT版):ITproである。
 これを読んでわかるのは、標準アプリとして設定したアプリが自動的に起動する設定になっていて、いわゆるデスクトップ画面があるわけでない、ということだ。つまり、Windows10のPCとして使えるわけではない。
 現状では、組み込みWindwosの1つだということだ。従来も、組み込みWindwosは存在した。だが、今回は、ラズベリーパイで動くということで、超小型PCとして動くのだろうか、と期待してしまったのだが、そうではないようだ。

« IoT普及のためには中堅どころのチップメーカーが必要 | トップページ | 事業部門はIoT応用のIT活用についてIT部門に相談なんかしない »

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/61719650

この記事へのトラックバック一覧です: ラズベリーパイで動くWindows:デスクトップ画面はないのか・・・:

« IoT普及のためには中堅どころのチップメーカーが必要 | トップページ | 事業部門はIoT応用のIT活用についてIT部門に相談なんかしない »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ