« SFマガジン10月号は「伊藤計劃特集」 | トップページ | 映画「ジュラシック・ワールドを見てきました:3Dで見るのがおすすめ »

2015年8月29日 (土)

気づかないものは気づかない

 日常生活の中からビジネスの種を探す法 茂木 健一郎:世界一の発想法:PRESIDENT Online - プレジデントという記事を読んでいて思わす吹き出した。少し引用する。


 男性なら、彼女とのデートで食事を始めて30分くらい経ったときに、「ねえ、私今日変わったところない?」と聞かれて、後悔と恐怖の念にかられた経験があるだろう!

 ははは。私も経験がある。というか、結婚して30年近く経つのに、いまだに状況は変わっていない。若い頃はがっかりしていた家内が、今では私をからかうネタにしているようになっただけである。
 もう少し引用する。


 前に会ったときに、彼女の髪の毛を当然見ているはずなのに、違いがわからない。このように、私たちは、環境の中のビッグデータを、案外拾えていないものなのである。


 筆者は、ここで、環境の中のビッグデータを拾えないのはもったいない、と続けるのだ。確かにそうだろう。でも、私のように、いつまで経っても気づかないものは気づかないのである。
 と、開き直ると何も変わらない。まあ、家内の髪型は気づかなくても、別の事象は気づくようになるかもしれない。どうすればいいのか。さらに引用する。

 まずは、特定のことばかりに気をとられないことである。いま自分が置かれている状況の全体に、やわらかく関心を向ける。すると、気になることや、注目すべきことが、自然に心の中に浮かんでくる。


 歩きながらも仕事のことを考えがちな技術者には難しいかもしれない。でも、少しでも仕事から頭を切り替えることも重要なのだと思う。

« SFマガジン10月号は「伊藤計劃特集」 | トップページ | 映画「ジュラシック・ワールドを見てきました:3Dで見るのがおすすめ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/62176384

この記事へのトラックバック一覧です: 気づかないものは気づかない:

« SFマガジン10月号は「伊藤計劃特集」 | トップページ | 映画「ジュラシック・ワールドを見てきました:3Dで見るのがおすすめ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ