« かき氷のみつ:巨峰味は好みではなかった | トップページ | 通信の最適化:ファイル圧縮のことらしい »

2015年8月24日 (月)

パナソニックとバンダイナムコエンターテイメントとの共同開発

 生まれ変わったパナの展示場、ゲームのノウハウ導入 - 家電・モバイル - 日経テクノロジーオンラインで、パナソニックの家電に組み込むUI部をバンダイナムコエンターテイメントに任せた、という記事が掲載されていた。日本の家電メーカーの技術力は高い。だが、すこしまじめすぎる。音声ガイド付きの家電は最近多いが、どれもつまらない。
 つい最近、シャープの冷蔵庫を買ったらココロエンジンという機能がついていて、デフォルトでONになっている。冷蔵庫のドアを開け閉めすると冷蔵庫がしゃべるのだが、これがあまりにもトンチンカンで、つまらないため、翌日からその機能をOFFにした。たぶん、この手の機能を作らせれば、他のメーカーも大同小異だろう。
 そういう意味では、パナソニックのような、典型的なまじめなメーカーがゲーム会社と組むというのは、面白い試みだ。

« かき氷のみつ:巨峰味は好みではなかった | トップページ | 通信の最適化:ファイル圧縮のことらしい »

開発業務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パナソニックとバンダイナムコエンターテイメントとの共同開発:

« かき氷のみつ:巨峰味は好みではなかった | トップページ | 通信の最適化:ファイル圧縮のことらしい »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ