« ゴム製のトランジスタ-っていう言い方は間違ってるけど | トップページ | 日本のソフト技術者のレベルの高さ »

2015年8月20日 (木)

組込みシステムアーキテクト養成プログラム

 情報処理 2015年09月号を読んでいたら、組込みシステムアーキテクト養成プログラムという組込みソフトウエア技術コンソーシアムという団体が行っている教育プログラムの概要が紹介されていた。記事そのものは、具体的な教育内容はあまり詳しく紹介されておらず、よくわからなかった。が、組み込み技術においても、システムとかアーキテクトとかいう言葉を正面に出した教育プログラムが出てきているというのは、心強い。
 組み込みの世界というのは、今でも「職人」という言葉の方がしっくりくる世界である。さすがに、技術を盗む世界ではないが、今でもOJT中心で先輩技術者の背中を見て育つ世界である。
 技術の世界が、教育だけで何とかなるものではないが、でも、教育プログラムも重要だ。こういう取り組みを、現場の教育に簡単に取り込めるようになって欲しいものだ。

« ゴム製のトランジスタ-っていう言い方は間違ってるけど | トップページ | 日本のソフト技術者のレベルの高さ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/62121791

この記事へのトラックバック一覧です: 組込みシステムアーキテクト養成プログラム:

« ゴム製のトランジスタ-っていう言い方は間違ってるけど | トップページ | 日本のソフト技術者のレベルの高さ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ