« 本当にすばらしい現場の工夫 | トップページ | ガス漏れを火のついたマッチで調べる中国 »

2015年9月11日 (金)

正しい結果を出すという意味

 日経システム9月号の「プロマネ檜山の奮闘録」という記事の中に次のような一節があった。少し引用する。

 PMやリーダーにとって重要なのは、正しいことをしたり言ったりすることではない。正しい結果を出すことだ。


 その通りだと思う。だが、これを結果よければ全てよし、ととらえてはいけない。少し補足すると、

 PMやリーダーにとって重要なのは、正しいことをしたり言ったり(して、自己満足する)ことではない。(メンバーに働きかけ、行動をうながし、その結果、そのメンバーたちが)正しい結果を出(せるようにする)ことだ。


 リーダーをしているときに、つい上から目線で、正しい指摘をすることがある。でも、たいていの場合、その指摘が正しくても、メンバーにつきささることはない。言っている本人は、正しいことを言っているので、自己満足している。そして、言いっぱなしになる。私も何度もそんな経験をしている。
 言ってはいけない、ということではない。言わなければわからない。でも、言っただけでもわからない。本当にリーダーというのは難しい。

« 本当にすばらしい現場の工夫 | トップページ | ガス漏れを火のついたマッチで調べる中国 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

開発業務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正しい結果を出すという意味:

« 本当にすばらしい現場の工夫 | トップページ | ガス漏れを火のついたマッチで調べる中国 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ