« シスコ社が39800円のルータを販売:この値段なら中小企業でも購入できるかも | トップページ | 機械学習のアルゴリズムの簡単な解説記事 »

2015年9月24日 (木)

本気で安全に責任を持つということ:JAL社長の言葉

 稲盛和夫の教え「フィロソフィ」と「部門別採算」 -日本航空代表取締役社長 植木義晴氏:PRESIDENT Online - プレジデントを読んで、ここまで稲盛さんに言えるとは、と思った部分がある。現在JAL社長が運航本部長時代に、当時の稲盛会長に言った言葉である。少し引用する。


 「これだけのリストラは誰も経験したことがありません。私は社内にアンテナを張り巡らしてありますから、私が無理だと思ったら、全便を直ちにストップさせていただきます。安全のためです。それを支持してください」
 稲盛会長は、目をつぶり腕組みをして1分ほど黙っていました。それから「植木君が言うのだから、そういうことなんだな」と答えてくれたのです。


 航空会社にとって、安全は大きな責任である。それに対して本気で責任を取ろうと思えば、こういう発言になるのだろうし、それに対する答えもこうなるのだろう。これこそが、プロの言葉であろう。
 前にも書いたが、安全第一の思想は、結果的には品質、生産性の向上につながるものである。一時的な品質・生産性の低下に心を惑わされて、安全をおろそか
にすることはあってはならない。

« シスコ社が39800円のルータを販売:この値段なら中小企業でも購入できるかも | トップページ | 機械学習のアルゴリズムの簡単な解説記事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/62346062

この記事へのトラックバック一覧です: 本気で安全に責任を持つということ:JAL社長の言葉:

« シスコ社が39800円のルータを販売:この値段なら中小企業でも購入できるかも | トップページ | 機械学習のアルゴリズムの簡単な解説記事 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ