« 標的型メールは消去してはいけない→とは、知らなかった | トップページ | 新幹線で発着駅が山手線内の切符を初めて購入した »

2015年10月 1日 (木)

ビッグデータ時代に磁気テープの活用:日経ITProの記事より

 昔の技術が、新しい時代に合わせて復権するという話が好きだ。磁気テープの復権については、以前も書いたことがある。
 ITpro EXPO Award 2015/注目の出展企業プレビュー - [富士フイルム]ビッグデータ時代に「磁気テープ」、最新アーカイブソリューション提案:ITproによると、富士フィルムがビッグデータ時代の大容量データ保存手段として、磁気テープを使用したアーカイブソリューションを提案している。その中核となる技術が世界最大容量1巻220TBのLTO磁気テープである。なんかすごい容量だ。ハードディスクに比べ、信頼性が高いので、現在は使わないが、保存しておかなければならないデータの保存に向くらしい。
 たぶん、この手の技術は、今では富士フィルムの独壇場なんだろうな、と思う。

« 標的型メールは消去してはいけない→とは、知らなかった | トップページ | 新幹線で発着駅が山手線内の切符を初めて購入した »

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/62385011

この記事へのトラックバック一覧です: ビッグデータ時代に磁気テープの活用:日経ITProの記事より:

« 標的型メールは消去してはいけない→とは、知らなかった | トップページ | 新幹線で発着駅が山手線内の切符を初めて購入した »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ