« スペイン旅行記をホームページで公開しました | トップページ | 会社の指定ブラウザがIE8からIE11になった »

2015年10月 6日 (火)

機械のうそを見抜けるのか ‏

 Volkswagenの排ガス不正問題には、いろいろな見方がある。そのほとんどは、企業の不正問題としての観点で論じられている。ところがVolkswagenの排ガス不正問題が示唆するIoTの将来 - 設計・生産 - 日経テクノロジーオンラインの観点は少し異なっていて、「悪意があったり暴走するプログラムをどうやって判別、排除するのか」という問題提起になっている。少し引用する。

 人間がコンピュータに介在することで、暴走をある程度は防ぐことができました。ところがIoTのように、人間が見えない場所でコンピュータが自動的に動く場合に、本当に信用できるのか。機械がブラックボックス化された時、人間がコントロールできるのか。


 今回の、Volkswagenの排ガス不正問題は、まず誰も気づかない、という事実をつきつけている。たまたま、別の目的でのテストを実施した結果、この不正が見
つかっただけで、そのトリガがなければ、ずっと見つからなかったであろう。
 機械がつくうそを見抜く技術もしくは仕組みがなければ、同じようなことは必ず起きる。

« スペイン旅行記をホームページで公開しました | トップページ | 会社の指定ブラウザがIE8からIE11になった »

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/62423379

この記事へのトラックバック一覧です: 機械のうそを見抜けるのか ‏:

« スペイン旅行記をホームページで公開しました | トップページ | 会社の指定ブラウザがIE8からIE11になった »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ