« マイナンバーの配達がやっと50%を超えた:情報漏えいがないことを祈る | トップページ | 御堂筋オータムパーティー2015:手際悪すぎ »

2015年11月28日 (土)

育休の実態

  育児休暇という制度ができていて、私の若い時代とは大違いだと思っていたら、実態はそうでもないようだ。ザッカーバーグ氏の「育休」が浮き彫りにするテクノロジー企業の二面性 - 新産業 - 日経テクノロジーオンラインを読むと、この手のことの先進国の米国でも、やはり仕事と子育ての両立が大変だということがわかる。少し引用する。

 育休が有給と言っても、給料の半分など、その一部が出るだけだ。ザッカーバーグ氏やテクノロジー企業に務める高給取りの社員はそれでも生活していけるだろうが、給料が半分になると生活ができなくなる家族もある。いや、世の中を見回すと、そうした家族の方が圧倒的に多いはずだ。そんな家庭では、稼ぎ柱の父親が2カ月も育休を取ることなど不可能だ。

 そりゃそうだよね。給料が半額になったらとたんに生活に困る。そうでなくても、子供ができるということは支出が増えるということなのだから。さらに筆者は、共働き世帯における育児について、簡潔に言う。

 赤子を抱えた夫婦が、寝不足で目の下を黒くしながらどうにか毎日を過ごしている。

 結局、日本と同じである。いろんなことを言っても、お金があれば、半分の給料で暮らせ、お手伝いさんを雇うことで睡眠も確保できる。でも、一般庶民にはこんなことはできない。

« マイナンバーの配達がやっと50%を超えた:情報漏えいがないことを祈る | トップページ | 御堂筋オータムパーティー2015:手際悪すぎ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/62766878

この記事へのトラックバック一覧です: 育休の実態:

« マイナンバーの配達がやっと50%を超えた:情報漏えいがないことを祈る | トップページ | 御堂筋オータムパーティー2015:手際悪すぎ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ