« β方式のビデオテープをまだ作っていたとは:メーカー責任のあり方 | トップページ | UIの進化と慣れとのトレードオフ »

2015年11月19日 (木)

組込み総合技術展のセキュリティに関するセミナーが参考になった

 パシフィコ横浜で開催されているET 2015 組込み総合技術展に行ってきた。組み込み関連の展示会は、一時、衰退の一方であったが、最近のIoTというバズワードのおかげで、勢いを盛り返している。
 この展示会の魅力の1つは、いろいろなカンファレンスが無料で聴講できることである。今回、「つながるIoTシステムのセキュリティ確保に向けて 」というカンファレンスを受講したのだが、受講してよかった。特に、報道の多いITセキュリティと組み込みセキュリティの似ているところと異なるところを、うまくまとめていた部分は、IT技術にもセキュリティ技術にも疎い組み込み技術屋にとって非常に参考になった。テキストも充実していて、なかなかの力作である。あとで読み返せるような内容になっていた。
 このダイジェスト版がサイトからダウンロードできるが、ほんのさわりの部分だけであり、これだけではわかりにくいようにも思う。そんな中でも、機能安全とセキュリティの関係、IT関連の脅威分析と異なる点などのスライドは、参考になるのではないだろうか。

« β方式のビデオテープをまだ作っていたとは:メーカー責任のあり方 | トップページ | UIの進化と慣れとのトレードオフ »

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/62710433

この記事へのトラックバック一覧です: 組込み総合技術展のセキュリティに関するセミナーが参考になった:

« β方式のビデオテープをまだ作っていたとは:メーカー責任のあり方 | トップページ | UIの進化と慣れとのトレードオフ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ