« 伊丹空港のANAラウンジにSUITE LOUNGEができた:羽田と少し違う | トップページ | CMOSイジングコンピューター:日立が開発中の非ノイマンコンピュータらしい が・・・ »

2015年11月 7日 (土)

Sandy Bridge搭載のPCをWindwos10へアップグレードするかどうか思案中

 少し前に、Windows10にアップグレードしたPCが、たびたび画面フリーズするので、元のWindows7に戻したという話を書いた。少し調べたら、そのPCで使っているCPUのSandy Bridge内蔵グラフィックに関するWindows10用のドライバは開発予定がないようだ。つまり、このまま待っていても、今の構成のまま、Windows10にすることはあり得ない。
 選択肢としては、3つある。

1.マザーボードを新しくする
2.Windows10のドライバをサポートしているビデオカードを増設する
3.Windows7のまま使い続ける

 1は、金銭的に難しい。現状、CPU性能に不満があるわけではない。大した使い方はしていないからだ。
 2については、安いビデオカードなら1万円以下なので、検討の余地はある。ただ、ビデオ性能に不満があるわけではないので、どうしようか、というところだ。そこまでして、Windows10にアップグレードする意味はあるのだろうか?
 3については、まず心配なのは、いつまでセキュリティパッチが提供されるか、という点である。Windows 7 メインストリーム サポート終了のお知らせ - Microsoftによると、2020年1月14日とある。ここまで今のまま使って、その時点でPCを刷新するというのは、よさそうな案だ。
 私の使い方で、重要なのは、光学ドライブとUSBインターフェースである。USB1.0から2.0、2.0から3.0への進化は、追従してよかったと思っている。周辺機器の使い勝手が全然違うからだ。それを考えると、3の案が良さそうな気がしてきた。

« 伊丹空港のANAラウンジにSUITE LOUNGEができた:羽田と少し違う | トップページ | CMOSイジングコンピューター:日立が開発中の非ノイマンコンピュータらしい が・・・ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/62629787

この記事へのトラックバック一覧です: Sandy Bridge搭載のPCをWindwos10へアップグレードするかどうか思案中:

« 伊丹空港のANAラウンジにSUITE LOUNGEができた:羽田と少し違う | トップページ | CMOSイジングコンピューター:日立が開発中の非ノイマンコンピュータらしい が・・・ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ