« 大昔のソフトはどうしてもブラックボックスになる | トップページ | マイナンバーの配達がやっと50%を超えた:情報漏えいがないことを祈る »

2015年11月26日 (木)

Windows10が問題なく導入できるPCがそんなにたくさんあるのか?

 ニュース - [データは語る]「Windows 10」の企業導入は過去最速に、2017年1月には5割が導入へ:ITproによれば、2017年1月までに企業の50%がWindows10の導入を開始する見通しらしい。新規購入だけでなく、Windows7やWindows8からの乗り換えも含まれているのだと思う。
 前にも書いたが、私の個人のメインマシンは、CPUにSandyBridgeを使っていて、IntelはWindwos10用のドライバを提供していない。それでも、大丈夫かなと
思ってWindows10にしてみたら、画面のフリーズが多発して使えるものではなかった。問題なく乗り換えられるマシンが多いということは、Windows7を搭載していて
もHaswell以降のCPUのマシンが多いということだろうか。
 まあ50%ということだから、古いCPUはWindows7のまま我慢する、ということなのかもしれない。
 でも、いくらなんでも、SandyBridgeくらいは、ドライバをサポートしてくれてもいいのに、と少し未練たらしく思う。私の使い方くらいでは、全く問題なく動いてくれているので、Windows10にアップグレードしたい。

« 大昔のソフトはどうしてもブラックボックスになる | トップページ | マイナンバーの配達がやっと50%を超えた:情報漏えいがないことを祈る »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/62755548

この記事へのトラックバック一覧です: Windows10が問題なく導入できるPCがそんなにたくさんあるのか?:

« 大昔のソフトはどうしてもブラックボックスになる | トップページ | マイナンバーの配達がやっと50%を超えた:情報漏えいがないことを祈る »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ