« トラブル原因の半分が「うっかり」:こんなに大きな例もあるとは | トップページ | 「並び人」手配システム:何でも商売にできる中国人すごさ »

2015年12月10日 (木)

日経コンピュータの900号の特集は「シンギュラリティ」

 日経コンピュータが900号ということで、区切りの号の特集が何かと思っていたら「シンギュラリティ」であった。前にも書いたが、情報処理学会の学会誌の特集にもなるくらいだから、コンピュータ業界にとっては大きな話しなのだと思う。ただ、私にはピンとこない。シンギュラリティまでいかなくても、人工知能が職を奪うという話題の方が、深刻だと感じている。失業者があふれる社会など見たくないからだ。

« トラブル原因の半分が「うっかり」:こんなに大きな例もあるとは | トップページ | 「並び人」手配システム:何でも商売にできる中国人すごさ »

技術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/62844622

この記事へのトラックバック一覧です: 日経コンピュータの900号の特集は「シンギュラリティ」:

« トラブル原因の半分が「うっかり」:こんなに大きな例もあるとは | トップページ | 「並び人」手配システム:何でも商売にできる中国人すごさ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ