« 製造課長に怒られた思い出:製造の「怖いおっちゃん」 | トップページ | CCCのT会員規約の怪しさ:誰も読まない会員規約でこんな改訂がされていたとは »

2015年12月 3日 (木)

山手線新型車両のトラブルはバグ:実環境での試験ができない

 山手線新型車両、初日から不具合続く…運転中止 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)の原因は、News & Trend - 山手線新型車両E235系で相次いだトラブル、次世代システムのバグが原因:ITproによると次世代システムのバグだったらしい。十分に試運転をしているだろうのになぜ、という疑問が出る。原因について書かれた部分を少し引用する。


 試運転では乗客を乗せられず、乗車率200%を超えることもある山手線の環境でのテストが不十分だったことも考えられるという。試運転期間中に電車に乗車率40%に相当する重りを乗せたテストを行ったが、不具合は出なかった。だが100%を超えるような加重については、実車ではなくコンピュータ上でシミュレーションを実施したとしている。


 開発者から見ると身につまされるような話だ。たぶん、乗車率200%の場合の試験も実施したかったに違いない。でも、あまりに試験コストがかかりすぎるので、やれなかったのだろう。
 でも、実環境でしか発生せず、シミュレーション環境では再現しないバグは見つけるのが大変だろうなあ、と、これもまた、開発者の気持ちになってしまう。

« 製造課長に怒られた思い出:製造の「怖いおっちゃん」 | トップページ | CCCのT会員規約の怪しさ:誰も読まない会員規約でこんな改訂がされていたとは »

ニュース」カテゴリの記事

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/62800850

この記事へのトラックバック一覧です: 山手線新型車両のトラブルはバグ:実環境での試験ができない:

« 製造課長に怒られた思い出:製造の「怖いおっちゃん」 | トップページ | CCCのT会員規約の怪しさ:誰も読まない会員規約でこんな改訂がされていたとは »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ