« 日経コンピュータの900号の特集は「シンギュラリティ」 | トップページ | 伊丹空港から羽根田空港へのフライトが2時間もかかってしまった »

2015年12月11日 (金)

「並び人」手配システム:何でも商売にできる中国人すごさ

 クラウドを使ったビジネスとして、シリコンバレーでの記事が多く紹介されている。だが、驚いたのはデジタルでつながる中国の「個」 ~中国的クラウドソーシングは社会を変えるか - WISDOMでの中国の例である。予約ができない人気レストランで並ぶ人をクラウドで手配できるという例である。使う技術とビジネスモデルは、シリコンバレーでやっているUberなどと変わらないだろう。でも、ここまで用途開発できるというのは、何でも商売につなげることのできる中国人のすごさを感じる。
 中国人は、四本足のものは椅子以外なら何でも食べる、という言葉がある。それにならっていえば、中国人は、金になりそうなものなら何でも金にする、のだろう。本当に感心する。

« 日経コンピュータの900号の特集は「シンギュラリティ」 | トップページ | 伊丹空港から羽根田空港へのフライトが2時間もかかってしまった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/62851016

この記事へのトラックバック一覧です: 「並び人」手配システム:何でも商売にできる中国人すごさ:

« 日経コンピュータの900号の特集は「シンギュラリティ」 | トップページ | 伊丹空港から羽根田空港へのフライトが2時間もかかってしまった »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ