« 日本から「Uber」「Airbnb」が生まれる必要があるのか:確かに、ないかも | トップページ | 生き残るのは「賢いハチ」でなく「愚かなハエ」:技術者は賢いハチが多いだろ うなあ »

2015年12月22日 (火)

目標を達成する:当たり前のことが違和感のある時代

 ちょっとびっくりするような記事があった。どうして社内は“パソコンパチパチ”なのか?:日経ビジネスオンラインから引用する。

「目標を絶対達成しろ」と私が言うと、相当数の人が違和感を覚えるようです。そんな時代になりました。


 これが時代の流れか、と思うと少し寂しい。目標は絶対に達成するのが当たり前である。そういう時代に育っているので、今でも数値目標は必達と言っている。数値化された目標を必達できないなんて考えられない。当然、その目標は自分が納得している目標であるのが前提だ。どこかの会社のように押しつけられたチャレンジではいけない。
 自分で納得した目標を絶対達成するために頑張っても達成できないことがある。その時には、なぜ達成できなかったかを分析し、改善するというPDCAのサイクルを回すことで、自分の仕事が改善できる。目標は目標、現実は現実とか言っていたら、いつまでたってもPDCAのサイクルは回せない。

« 日本から「Uber」「Airbnb」が生まれる必要があるのか:確かに、ないかも | トップページ | 生き残るのは「賢いハチ」でなく「愚かなハエ」:技術者は賢いハチが多いだろ うなあ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/62919198

この記事へのトラックバック一覧です: 目標を達成する:当たり前のことが違和感のある時代:

« 日本から「Uber」「Airbnb」が生まれる必要があるのか:確かに、ないかも | トップページ | 生き残るのは「賢いハチ」でなく「愚かなハエ」:技術者は賢いハチが多いだろ うなあ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ