« 伊丹空港から羽根田空港へのフライトが2時間もかかってしまった | トップページ | 設計:分野が異なっても同じようなことはあるのだと実感 »

2015年12月13日 (日)

Qualcomm社がドローンにも

 私の個人的な経験で、あまりQualcomm社が好きではない。なので、Qualcomm社に関する話は、どこか批判的なトーンになってしまう。
 シリコンバレーNextレポート - ドローンは「IoTデバイス」、米Qualcommの新戦略:ITpro を読んだときも、またQualcomm社か・・・、というのが第一印象である。少し引用する。
 Qualcommはドローンのメーカーに対して、ボードだけでなくドローン本体の設計図(リファレンスデザイン)や、自律飛行制御に必要なソフトウエアなどを組み合わせて提供する。メーカーに対してSoCだけでなく本体の設計図やソフトも提供するというやり方は、Qualcommがスマホ市場でやってきたことと同じだ。
 まあ、さすがにドローンの基本特許をQualcomm社がおさえているとは思えないので、CDMA時代のような知財関係のライセンス費用をがっぽりとQualcomm社に召し上げられるという構造にはなっていないだろうと思うけど、ドローンまで手を広げるとは。

« 伊丹空港から羽根田空港へのフライトが2時間もかかってしまった | トップページ | 設計:分野が異なっても同じようなことはあるのだと実感 »

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/62859980

この記事へのトラックバック一覧です: Qualcomm社がドローンにも:

« 伊丹空港から羽根田空港へのフライトが2時間もかかってしまった | トップページ | 設計:分野が異なっても同じようなことはあるのだと実感 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ