« 若手の覇気を奪うパワハラ:自戒が必要だと気づいた | トップページ | 目標を達成する:当たり前のことが違和感のある時代 »

2015年12月21日 (月)

日本から「Uber」「Airbnb」が生まれる必要があるのか:確かに、ないかも

 記者の眼 - 日本から「Uber」「Airbnb」が生まれる必要、ありますか?:ITproは、破壊的なビジネスモデルで世界に打って出る企業が日本から生まれないのは不幸なことなのか、ということを問いかけた記事である。
 素直に考えると、私は、別に生まれなくてもいいと思う。それよりも、日本品質でものを作れる伝統を守って欲しいと思っている。
 一般庶民にとっては、安心安全に暮らせる社会が一番である。それを維持するために新しい産業は必要である。でも、それが破壊的なビジネスモデルである、というのは、日本には合わない気がする。

« 若手の覇気を奪うパワハラ:自戒が必要だと気づいた | トップページ | 目標を達成する:当たり前のことが違和感のある時代 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/62913111

この記事へのトラックバック一覧です: 日本から「Uber」「Airbnb」が生まれる必要があるのか:確かに、ないかも:

« 若手の覇気を奪うパワハラ:自戒が必要だと気づいた | トップページ | 目標を達成する:当たり前のことが違和感のある時代 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ