« 電話の役割で最も重要なのは緊急連絡のはずなのに | トップページ | 組み込みCPUでTrustZoneが実現できる時代に »

2016年1月12日 (火)

端末数、カバーエリアがネットワーク設計にどのように影響するかがよくわかる記事

 私は組み込み屋であるが、その中でもネットワーク周りを最も長くやってきたので、ネットワーク構築にも興味がある。
 東京ドーム53個分の巨大屋外無線LANをどう作ったか?:ITproは、東京ドーム53個分の広い敷地に、3万人以上の青少年が、キャンプ生活を共にするという会場に、無線LANネットワークを構築した報告記事である。
 端末数の問題、カバーエリアの問題だけでなく、屋外設置のための温度の問題や、無線ネットワークの性能のキモは実は有線ネットワーク部分であることなど、ネットワーク設計とは何かを実例で追体験できる読み応えのある記事だ。

« 電話の役割で最も重要なのは緊急連絡のはずなのに | トップページ | 組み込みCPUでTrustZoneが実現できる時代に »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/63054770

この記事へのトラックバック一覧です: 端末数、カバーエリアがネットワーク設計にどのように影響するかがよくわかる記事:

« 電話の役割で最も重要なのは緊急連絡のはずなのに | トップページ | 組み込みCPUでTrustZoneが実現できる時代に »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ