« 失敗の抽象化:同じ「ような」失敗を繰り返さない | トップページ | Interface2月号の特集は「強力ホビー用MATLAB」:MATLABとUSBドングルで実験するソフトウエア無線 »

2016年1月 6日 (水)

プロジェクト管理は以前ほど難しいものではなくなりつつある:そうかもしれない・・・

 追い詰められるIT部門 - 追い詰められるIT部門[第9回]~遮断されるコミュニケーション(上):ITproという記事を読んでいて、えっ?と思った内容が書いてあった。少し引用する。


 システム開発の方法論が発達したおかげで、プロジェクト管理は以前ほど難しいものではなくなりつつある。プロジェクトに参加するメンバーのコミュニケーションをサポートするようなITツールも多く存在している。


 プロジェクト管理は難しいものである、という固定概念が抜けなかったのだが、よく考えてみると、この指摘は当たっているのかもしれない。
 20年以上も前、組み込み関係の製品開発プロジェクトのリーダーをやったことろは、プロジェクト管理のいい教科書もあまりなかった。そもそも、プロジェクト管理という概念そのものが、開発メンバーの間でも共有されていなかった。開発線表は書いていたが、WBSという考え方すら知らなかったし、上司も同じレベルだった。
 今では、プロジェクト管理という言葉を知らない開発者はいないだろう。良い教科書もあり、講習会も充実している。20年前とは違う。もちろん、昔に比べ、組み込みといえどもソフト規模が大きくなり、プロジェクトの人数も多くなり、納期はさらに厳しくなっている。でも、開発メンバーで共有できる手法があるというのは、そうでない状態に比べると雲泥の差である。
 今後も、プロジェクト管理の難しさは存在しつづけるであろう。それは、開発を人間が担当している限り永遠の課題に違いない。でも、ITツールや手法が進歩することで、難易度は下げていけるはずである。時間外労働の連続で疲れ果てるというデスマーチが少なくなることを期待したい。

« 失敗の抽象化:同じ「ような」失敗を繰り返さない | トップページ | Interface2月号の特集は「強力ホビー用MATLAB」:MATLABとUSBドングルで実験するソフトウエア無線 »

マネジメント」カテゴリの記事

開発業務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 失敗の抽象化:同じ「ような」失敗を繰り返さない | トップページ | Interface2月号の特集は「強力ホビー用MATLAB」:MATLABとUSBドングルで実験するソフトウエア無線 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ