« IoT機器の脆弱性が政府による監視と結びつくとは:さすがにエシュロンがある米国の発想だ | トップページ | プログラマの地位の向上 »

2016年2月24日 (水)

電源ケーブルは「機器側」から抜く:現場の常識を伝承することの重要性

 ITpro - エンタープライズICTの総合情報は、少しハッとする記事であった。何かのトラブルで機器の電源ケーブルを抜く必要がある場合は、電源コンセント側ではなく、機器側を抜くようにというノウハウを書いた記事である。
 現場としては、当たり前の話である。でも、その現場の常識を、こうやって明文化して伝承していくことが実は必要なのだろう。でも、この手のノウハウを明文化するのは難しい。今回の記事のようなことは、電源を切る必要が出てきたときには、無意識で手が動いている作業であり、そのそもノウハウであるということに気づいていないからだ。

« IoT機器の脆弱性が政府による監視と結びつくとは:さすがにエシュロンがある米国の発想だ | トップページ | プログラマの地位の向上 »

技術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/63259011

この記事へのトラックバック一覧です: 電源ケーブルは「機器側」から抜く:現場の常識を伝承することの重要性:

« IoT機器の脆弱性が政府による監視と結びつくとは:さすがにエシュロンがある米国の発想だ | トップページ | プログラマの地位の向上 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ