« 「止めない安全」と言われても素直に受け止められない | トップページ | 過剰な脆弱性情報に踊らされた話 »

2016年3月 8日 (火)

PCが故障して慌てた:RAMの故障だった

 昨夜、単身アパートに帰って、ブログを書こうとPCを立ち上げたら、数分して電源が落ちてしまった。まあ、PCだから、そんなこともあるかと、再度立ち上げたら、また数分で電源が落ちる。これはまずい、と、PC付属のPC-doctorというハードチェック用のソフトでチェックすると、どうやらRAMのエラーである。
 数分で電源が落ちるのでは、さすがにブログを書くのは無理だ。そのまま、PCは使わずに寝てしまった。
 今日、会社へ行く途中で、PCのRAMの構成が、4GのRAMを2枚使っていることを思い出した。たぶん、2枚とも故障しているはずはない。故障しているRAMを外せば4Gである。OSWindows7なので、4Gあれば、重いソフトでなければ動くだろう。ということで、実際にPCからRAMを1枚外したら、正常に動いてくれた。
 でも、PC8001以来、いろんなPCを使ってきたが、RAMの故障は初めてだ。

« 「止めない安全」と言われても素直に受け止められない | トップページ | 過剰な脆弱性情報に踊らされた話 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/63317533

この記事へのトラックバック一覧です: PCが故障して慌てた:RAMの故障だった:

« 「止めない安全」と言われても素直に受け止められない | トップページ | 過剰な脆弱性情報に踊らされた話 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ