« iBeaconを通信に使う:通信規格なのだから当たり前だが | トップページ | 就寝中に装着、日中は裸眼で過ごせるコンタクト:こんな技術が昔からあったとは »

2016年4月11日 (月)

全てのソフトが特権モードで動く機器-はい、私の周辺でもそんな機器を開発していたりします

 (2/4)事例で理解するIoT時代の新たな脅威と対策 - [第3回]インターネットに直結されるIoT機器(前編):ITproを読んでドッキリした。少し引用する。

 IoT機器用OSでは、スマートフォンなどの一部を除けば、ハードウエアリソースの制約のため最小権限の原則が採用されておらず、すべてのプロセスが特権モード(root権限)で稼働していることもある。さらに、セキュリティソフトの提供もほとんどない。この状況では、プログラムに1つでも脆弱性が見つれば、そこを突かれてIoT機器へ侵入され、全ての権限が奪取されることになる。

 はい。私の周辺でも、全てのソフトが特権モードで動く機器を開発しているところがあります。でも、こうした機器は、現状ではインターネットに直接接続されることはありません。あくまで、ローカル通信で、その機器は子機として親機に接続され、その親機がインターネットに接続されるという形態をとっている。でも、IoT、IoTと世間が騒ぐものだから、そうした機器まで、直接インターネットに接続しなければらない、と勘違いする開発者が増えてきている。そんなことしたら、大変なことになってしまう。わざわざ死ににいくようなものである。

« iBeaconを通信に使う:通信規格なのだから当たり前だが | トップページ | 就寝中に装着、日中は裸眼で過ごせるコンタクト:こんな技術が昔からあったとは »

技術」カテゴリの記事

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/63471483

この記事へのトラックバック一覧です: 全てのソフトが特権モードで動く機器-はい、私の周辺でもそんな機器を開発していたりします:

« iBeaconを通信に使う:通信規格なのだから当たり前だが | トップページ | 就寝中に装着、日中は裸眼で過ごせるコンタクト:こんな技術が昔からあったとは »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ