« iPS細胞による創薬 | トップページ | 講演会中にスライドを写真に撮るのはやめて欲しい:カメラが視線をさえぎる »

2016年5月29日 (日)

トランジスタ技術6月号の特集は「電脳ガジェット‘Pi’で ラピッド・プログラミング」:Node-REDでラズパイ

 トランジスタ技術 2016年 6月号の特集は、「電脳ガジェット‘Pi’でラピッド・プログラミング」。相変わらず、何のことやらわからない特集名である。中身は、IBMの提供するラピッド・プログラミング環境Node-REDで、Raspberry Piを使う、という記事である。
 確かに、Node-REDというのは、よくできたツールで、これにラズパイを接続すれば、かなりいろいろなことができる。本紙でも、そのことが解説されている。解説記事としては、いい記事なのだが、なぜトランジスタ技術でこの記事?という疑問が残る。interface誌向きの記事だと思うからである。トランジスタ技術には、もう少しハードウエア寄りの記事を期待する。そういう意味では、来月号はプリント基板製作関連のようなので、期待している。

« iPS細胞による創薬 | トップページ | 講演会中にスライドを写真に撮るのはやめて欲しい:カメラが視線をさえぎる »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/63698881

この記事へのトラックバック一覧です: トランジスタ技術6月号の特集は「電脳ガジェット‘Pi’で ラピッド・プログラミング」:Node-REDでラズパイ:

« iPS細胞による創薬 | トップページ | 講演会中にスライドを写真に撮るのはやめて欲しい:カメラが視線をさえぎる »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ