« 会社の標準ブラウザ(IE11)で正常動作しないサイト:たぶん会社標準の設定の 問題なのだろうが | トップページ | Windows版QuickTimeのサポートが終了していた:アンインストールが推奨 »

2016年5月18日 (水)

本当に卑劣なランサムウェア攻撃

 セキュリティ・ダークナイト ライジング(外伝):「言葉では言い表せない絶望感だった」――ランサムウェア被害者が語る (1/5) - @ITという記事を読んで、ランサムウェア攻撃の卑劣さを実感した。ランサムウェア攻撃というのは、利用者が知らない間にファイルを暗号化して、PC内のファイルを読めなくする。そして、そのファイルを読めるようにしたければ、身代金を支払え、というものである。この記事は、その攻撃の被害にあった人へのインタビュー記事だ。
 子供の写真のファイルがこの攻撃にあって、見れなくなってしまい、“うつ”の一歩手前までいってしまった、とある。確かに子供の写真の全てがなくなってしまう、というのはとんでもない話である。結局、身代金を支払って、復元できたという記事である。
 もちろん、貴重なファイルを1台のHDDにのみ保管していた、ということ自体が問題ではある。この被害にあわなくても、HDDの故障でファイルを損失してしまったかもしれないからである。ただ、HDDの故障と、こうした卑劣な手口にひっかかったというのでは、精神的ダメージは違う。ひどい話である。
 と同時に、バックアップの重要性を改めて実感した。

« 会社の標準ブラウザ(IE11)で正常動作しないサイト:たぶん会社標準の設定の 問題なのだろうが | トップページ | Windows版QuickTimeのサポートが終了していた:アンインストールが推奨 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/63650064

この記事へのトラックバック一覧です: 本当に卑劣なランサムウェア攻撃:

« 会社の標準ブラウザ(IE11)で正常動作しないサイト:たぶん会社標準の設定の 問題なのだろうが | トップページ | Windows版QuickTimeのサポートが終了していた:アンインストールが推奨 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ