« 学習とは何か?:多様性がないと正しい学習ができない | トップページ | 言葉と感情の関係:日経サイエンス6月号の記事より »

2016年5月24日 (火)

記憶の宮殿って本当にあったんだ:日経サイエンス6月号より

 日経サイエンス2016年6月号を読んでいて少しびっくりしたことがあった。「記憶の宮殿」という言葉が出てきたのである。別のブログでも書いたが、シャーロックというドラマで主人公のホームズが記憶の宮殿から記憶を探るというシーンがあったのだ。これは、古代ギリシャ・ローマ人が発明した「場所法」という記憶術の1つなのだという。しかも、この方法は、現在の脳科学からいって、科学的な裏付けのある記憶術らしい。

« 学習とは何か?:多様性がないと正しい学習ができない | トップページ | 言葉と感情の関係:日経サイエンス6月号の記事より »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/63678748

この記事へのトラックバック一覧です: 記憶の宮殿って本当にあったんだ:日経サイエンス6月号より:

« 学習とは何か?:多様性がないと正しい学習ができない | トップページ | 言葉と感情の関係:日経サイエンス6月号の記事より »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ