« テレビを買い替えようかと思ったが少し保留 | トップページ | 本家のラスベガス開催のInteropではShowNetをやっていないらしい »

2016年7月 3日 (日)

被害者が同時に加害者である構図:情報漏えい

 個人情報の漏えいがあると、その個人情報を所有していた会社が必ず悪者にされる。社長が頭を下げている写真を何度も見ている。
 でも、本当に悪いのは、漏えいさせた犯人だ。だが、これは、ほとんど捕まることがない。
 情報漏えいに関しては、本来は被害者である企業が、その個人情報を漏えいされた個人から見ると加害者であるという構図になる。だから、加害者でもある企業を責めるのはわからなくもない。でも、本当は犯人を見つけ、厳罰に処するのがあるべき姿だろう。

« テレビを買い替えようかと思ったが少し保留 | トップページ | 本家のラスベガス開催のInteropではShowNetをやっていないらしい »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/63863854

この記事へのトラックバック一覧です: 被害者が同時に加害者である構図:情報漏えい:

« テレビを買い替えようかと思ったが少し保留 | トップページ | 本家のラスベガス開催のInteropではShowNetをやっていないらしい »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ