« 八重洲ブックセンター本店の店頭にある二宮金次郎の銅像が「ポケストップ」と なっている:本屋の宣伝にもなるんだね・・・ | トップページ | 人工知能でできることとできないこと:専門家がわかりやすい言葉で対談した記事 »

2016年8月 7日 (日)

ISDNはまだ現役:300万回線も使われているらしい

 記者の眼 - 300万回線も残るISDN、迫る終了のインパクト:ITproによると、ISDN回線がまだ300万回線も残っているという。NTTが2020年にはISDNのサービスを中止するということに対して、まだ使っているところがあるのか、という感想を前に書いたことがあるが、とんでもない感想だった。まだ、十分現役なのである。
 記事によると、ISDNのメリットは、帯域保証、広いカバーエリア、短期間で開通、低コストの4つで、このメリットを代替できるIP網はない、ということである。一般ユーザーがネットを使うだけなら、IP網のいわゆるベストエフォートで十分だが、これ以外の用途ではだめな場合もあるということだ。
 新しい技術が古い技術を代替できるわけではない、ということなのだろう。でも、300万回線は膨大な数だが、網を構成している設備機器を更新するための費用をねん出できるだけの数ではない。難しいところだ。

« 八重洲ブックセンター本店の店頭にある二宮金次郎の銅像が「ポケストップ」と なっている:本屋の宣伝にもなるんだね・・・ | トップページ | 人工知能でできることとできないこと:専門家がわかりやすい言葉で対談した記事 »

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/64023474

この記事へのトラックバック一覧です: ISDNはまだ現役:300万回線も使われているらしい:

« 八重洲ブックセンター本店の店頭にある二宮金次郎の銅像が「ポケストップ」と なっている:本屋の宣伝にもなるんだね・・・ | トップページ | 人工知能でできることとできないこと:専門家がわかりやすい言葉で対談した記事 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ