« ISDNはまだ現役:300万回線も使われているらしい | トップページ | 本当にうらやましいトヨタのモノづくり研修:講師になれるベテラン社員の存在 そのものもうらやましい »

2016年8月 8日 (月)

人工知能でできることとできないこと:専門家がわかりやすい言葉で対談した記事

 【新連載】これからAIでできること、もうAIでできたこと(1/8ページ):nikkei BPnet 〈日経BPネット〉は、人工知能に関する記事の中で、最もわかりやすく、参考になる記事だった。ここ数年の人工知能のブレークスルーの最大の要因は、コンピュータが圧倒的に速くなったことである、という指摘からスタートする。この指摘は、本当にその通りなのだろう。ディープラーニングという新しい手法が出てきたからだ、というのが普通のスタートだが、この記事ではコンピュータの性能向上からスタートする。
 確かに、コンピュータの性能が圧倒的に向上したからこそ、ディープラーニングという計算量の膨大な手法を試せるようになったのである。道具の進歩が技術の進歩を生み出すという典型的な話である。
 日本における人工知能研究を、昔から牽引してきた研究者の対談は、本質論をきっちり話してくれて、非常に参考になる。

« ISDNはまだ現役:300万回線も使われているらしい | トップページ | 本当にうらやましいトヨタのモノづくり研修:講師になれるベテラン社員の存在 そのものもうらやましい »

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/64028462

この記事へのトラックバック一覧です: 人工知能でできることとできないこと:専門家がわかりやすい言葉で対談した記事:

« ISDNはまだ現役:300万回線も使われているらしい | トップページ | 本当にうらやましいトヨタのモノづくり研修:講師になれるベテラン社員の存在 そのものもうらやましい »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ