« トヨタの社内表彰制度 | トップページ | ターゲットを明確にしたGEのIoTプラットフォームPredix »

2016年9月14日 (水)

1の補数

 前に書いたが、ストラウストラップのプログラミング入門を読み終えた。少し理解不足の部分もあるが、もう少しC++の勉強をしようかと思って、プログラミング言語C++第4版にトライしている。こちらは、言語仕様の解説なので、少し退屈だし、土日の休みに少しづつなので、なかなか進まない。
 P.150に、C++の標準では、8ビットで表現できる整数値は、0~255または-127~127だとある。-128~127ではないのだ。その理由が面白い。1の補数で動作するCPUを想定しているらしい。
 1の補数という言葉を、本当に久しぶりに聞いた。補数表現には、2の補数と1の補数とがあるのだ。それは、その通りなのだが、今時、1の補数で動作するCPUなんか、あるのだろうか?標準が、ハードウエア設計を制約しない、というポリシーを徹底すると、こういう規定になるのだろう。標準化というのは、大変な作業だ。

« トヨタの社内表彰制度 | トップページ | ターゲットを明確にしたGEのIoTプラットフォームPredix »

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/64203953

この記事へのトラックバック一覧です: 1の補数:

« トヨタの社内表彰制度 | トップページ | ターゲットを明確にしたGEのIoTプラットフォームPredix »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ