« 設計ミスがどこで起きるのか | トップページ | 技術の進歩:アナログコンピュータ »

2016年9月 6日 (火)

プロ用のタブレット:軍手で扱えることが重要とは

 プロ用のタブレットなど眼にすることは少ない。まして実際に使ったことはない。
 海や山に持って行きたいプロ向けタブレットの実力に、15万円もするプロ用のAndroidタブレットの話が載っていた。
 堅牢にできているというのは、パナソニックのノートPCと同じ訴求点なのでよくわかる。もう一つ印象的なのは、軍手で扱えるようになっているということである。通常のタブレットは、人間の指でないとタッチ操作ができないのだが、この製品は軍手をはめてもOKなのだそうだ。こういう仕様は、現場の使われ方を理解しないと作りこめない部分だ。通常のタブレットでは、日本勢は絶対に価格で勝負できないが、こうしたニッチな市場向けに作りこんだ製品は、チップメーカー提供の回路では実現できない技術が必要である。日本メーカーの生き残る道なのだろう。

« 設計ミスがどこで起きるのか | トップページ | 技術の進歩:アナログコンピュータ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/64167096

この記事へのトラックバック一覧です: プロ用のタブレット:軍手で扱えることが重要とは:

« 設計ミスがどこで起きるのか | トップページ | 技術の進歩:アナログコンピュータ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ