« 初めて国内の団体旅行へ行った | トップページ | 蚊に刺された時の反応が年齢によって違うとは »

2016年9月19日 (月)

照明のスイッチの位置:壁で区切られた場合とそうでない場合

 レイアウト変更があって、照明のスイッチがどうも変なところにあることに気づいた。壁でいくつかの小部屋に分かれていたのを、壁をとっぱらって大部屋にしたのである。
 壁をとっぱらっただけで、照明器具やスイッチはそのままである。
 すると、あるエリアの照明をON/OFFするスイッチが変な場所にあるのだ。部屋の真ん中にスイッチがあるというのは、通常のレイアウトでは考えられない。
 壁をつけていたときは、それでよかったのである。照明スイッチは、部屋の端になければならない。大部屋になったとたん、それに違和感がでる。
 少し図で説明すると、図1が小部屋の状態である。それぞれの部屋の隅にスイッチがある。大部屋にしたのが図2である。右側のスイッチが部屋の隅ではなく、真ん中になってしまう。レイアウトの変更というのは、やっかいな話である。

image

« 初めて国内の団体旅行へ行った | トップページ | 蚊に刺された時の反応が年齢によって違うとは »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/64224224

この記事へのトラックバック一覧です: 照明のスイッチの位置:壁で区切られた場合とそうでない場合:

« 初めて国内の団体旅行へ行った | トップページ | 蚊に刺された時の反応が年齢によって違うとは »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ