« NFCとIoT:自動的にネット接続されるのか人の意志で接続するのか | トップページ | バドミントンとバトミントン:私もバトミントンだと思っていた »

2016年10月 7日 (金)

CTOって研究開発本部長のことだと思っていた

 CTOの役割「研究開発本部長とは違う」 コマツ会長 - 日経テクノロジーオンラインで、CTOの役割は、現場の研究開発本部長とは異なるということを初めて知った。普通の企業では、大抵の場合、研究開発本部長のような職の人がCTOを兼ねているのが普通だと思う。
 chief XXX officerという役名が本当に多いが、実際にはXXX本部長の別名である場合がほとんどだ。でも、実は、真面目にその役割を考えると、それではいけない場合もある。なるほど。

« NFCとIoT:自動的にネット接続されるのか人の意志で接続するのか | トップページ | バドミントンとバトミントン:私もバトミントンだと思っていた »

技術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/64308746

この記事へのトラックバック一覧です: CTOって研究開発本部長のことだと思っていた:

« NFCとIoT:自動的にネット接続されるのか人の意志で接続するのか | トップページ | バドミントンとバトミントン:私もバトミントンだと思っていた »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ