« ドア開閉システムにハッキングの恐れ:遠隔管理機能の実装は本当に大変 | トップページ | Interface12月号の特集は「自分用コンピュータ作り」:ラズパイだけではでき ないことをマイコン・FPGAで補う »

2016年10月27日 (木)

[Errno 98] Address already in use:何かの理由でプロセスが残っていた

 Linuxで、あるソフトをインストールして動かしたら、[Errno 98] Addressalready in useというエラーを吐いて止まってしまう。そのソフトのサイトを見ても、そんなエラーの対処方法は載っていない。
 私は組み込み屋なので、Linuxには疎い。いろいろとググっているうちに、何らかの原因で、あるポートを使っているプロセスが残っていて、それが邪魔をしているらしい。つまり、何がそのポートを使っているかを調べて、そのプロセス
を殺せばいいのである。
 Linuxでプロセスが何のポート使っているかを調べる - Qiitaに、そのコマンドが載っていた。自分以外のプロセスに関しても調べたいので、
管理者権限でやってみたら、どうも怪しげなプロセスがあったので、そのプロセスを殺してみたら、うまくいった。
 Linuxの下回りで起きている事象でエラーが出ると、とたんに調べることが増える。ほぼ、半日費やしてしまった。

« ドア開閉システムにハッキングの恐れ:遠隔管理機能の実装は本当に大変 | トップページ | Interface12月号の特集は「自分用コンピュータ作り」:ラズパイだけではでき ないことをマイコン・FPGAで補う »

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/64407288

この記事へのトラックバック一覧です: [Errno 98] Address already in use:何かの理由でプロセスが残っていた:

« ドア開閉システムにハッキングの恐れ:遠隔管理機能の実装は本当に大変 | トップページ | Interface12月号の特集は「自分用コンピュータ作り」:ラズパイだけではでき ないことをマイコン・FPGAで補う »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ