« Rowhammer問題:DRAMも化けるんだね・・・ | トップページ | 量子コンピュータ以外の非ノイマン型コンピュータ »

2016年11月 2日 (水)

江夏の21球:TV中継を見ていた私も誤解していた

 スローカーブを、もう一球に収録された「江夏の21球」という名著であまりにも有名な、広島VS近鉄の日本シリーズ決勝での9回裏の攻防。
 「江夏の21球」広島を勝利に導いた知られざる真実 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Onlineによれば、9回裏、一死満塁で江夏がリリーフとして登場し、その危機を乗り越えたというように誤解されているという。実は、江夏は、7回裏からマウンドに立っていて、自分が招いた危機を乗り越えたのだという。
 この記事を読んで、そういえば、そうだったな、と思い出したのである。この試合を私はTV中継で見ていた。9回裏に、江夏が打ち込まれて、もう広島は負けだ、と思っていたのを思い出したのである。
 でも、その後で、江夏の21球の話が、私の記憶を上塗りしていて、そのTV中継当日のことは、すっかり忘れてしまっていた。ヒトの記憶というのは、あてにならないものである。
 まあ、今や中年になった私は、記憶が塗り替えられるどころか、最初から自分に都合のいいことしか覚えなくなってしまっているが。

« Rowhammer問題:DRAMも化けるんだね・・・ | トップページ | 量子コンピュータ以外の非ノイマン型コンピュータ »

スポーツ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/64435512

この記事へのトラックバック一覧です: 江夏の21球:TV中継を見ていた私も誤解していた:

« Rowhammer問題:DRAMも化けるんだね・・・ | トップページ | 量子コンピュータ以外の非ノイマン型コンピュータ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ