« IoTセキュリティには法的規制が必要:わからないでもないが効果あるんだろうか | トップページ | 人間は、人間にしかできないことしかやってはいけないのか? »

2016年11月24日 (木)

2進数とBCD(二進化十進数)

 1-0.1×10は? 人工知能に怯える前に知ってほしいことは、0.1を2進数ではきっちりと表現できないという基本的な話が重要ということである。これを回避するには、2進数ではなく10進数で計算する必要がある。そのためのコードがBCD(二進化十進数)である。昔のCPUには、BCD用の命令があった。
 事務計算用の言語であるCOBOLは、10進数で演算している(COBOLを使ったことがないので実際にどのようになっているのかは知らないが)。
 2進数であれば、4bitで0~15まで表現できるが、BCDだと0~9しか表現できない。つまり、コード効率が、10進数にすると10/16になるのである。でも、これって、メモリの制約のある時代には大問題だったが、メモリーがふんだんにある今の時代なら問題ないと思う。回路規模だって、問題ないのではなかろうか?今でも、こういう部分だけ、コンピュータに合わせているって変な話である。

« IoTセキュリティには法的規制が必要:わからないでもないが効果あるんだろうか | トップページ | 人間は、人間にしかできないことしかやってはいけないのか? »

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/64538958

この記事へのトラックバック一覧です: 2進数とBCD(二進化十進数):

« IoTセキュリティには法的規制が必要:わからないでもないが効果あるんだろうか | トップページ | 人間は、人間にしかできないことしかやってはいけないのか? »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ