« 確率共鳴:ノイズを加えることで反応を向上させる | トップページ | Qualcomm社がNXP社を買収:また強くなるのか・・・ »

2016年11月 5日 (土)

つながる世界の安全の難しさ:FTA/FMEAでは限界

 IoT時代の安全性検証技術 - 日経テクノロジーオンラインは、難しい課題をつきつけている。安全設計では、FTA/FMEAを実施するというの
が正攻法である。でも、これは、閉空間では有効だが、IoTのような開空間では、予想もしなかった外部環境の変化があり、その有効性を失うのだという。
 そのため、いくつかのアプローチが考えられている、ということである。今まで蓄積された手法と異なるため、設計の現場で使えるようになるには、まだまだ時間がかかりそうだ。

« 確率共鳴:ノイズを加えることで反応を向上させる | トップページ | Qualcomm社がNXP社を買収:また強くなるのか・・・ »

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/64448937

この記事へのトラックバック一覧です: つながる世界の安全の難しさ:FTA/FMEAでは限界:

« 確率共鳴:ノイズを加えることで反応を向上させる | トップページ | Qualcomm社がNXP社を買収:また強くなるのか・・・ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ