« 昔使ってたサーモグラフィは液体窒素が必要だった | トップページ | トイレカレンダー:2017年は武将 »

2016年11月16日 (水)

IoT機器からのDDoS攻撃:対策はデフォルトパスワードを使わないことだが・・・

 記者の眼 - 監視カメラから“史上最大級”のサイバー攻撃、IoTの危険な現状:ITproによれば、マルウエアに感染したIoT機器からのDDoS攻撃が、「史上最大級の」DDoS攻撃になったという。
 今や、マルウエアに感染したPCからの攻撃よりも、IoT機器の方が危険な時代になったということだろうか。
 記事を読むと少し暗澹たる気分になる。Miraiというマルウエアらしいのだが、IoT機器へtelnetで入ってマルウエアに感染させるのだ。そのtelnetで入る手口だが、60組のユーザー名/パスワードを試すだけのようである。それだけで、あっさりと入れてしまうIoT機器が多いということである。
 要は、工場出荷時のデフォルトのユーザー名/パスワードをそのまま使っているIoT機器がどれだけ多いのか、ということであろう。
 でも、使う方は、そんなものだとも思う。デフォルトのままで使えてしまうからだ。さすがに、監視カメラをそんな状態で使うというのは、覗き見をしてくださいと言っているようなもので、どうかと思うが。
 IoT機器は、出荷時にはそのまま使えずに、デフォルトの状態ではアクティベーションのために必ずユーザー名/パスワードの変更を必要にする、くらいの製品仕様にしないとだめだろう。

« 昔使ってたサーモグラフィは液体窒素が必要だった | トップページ | トイレカレンダー:2017年は武将 »

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/64502436

この記事へのトラックバック一覧です: IoT機器からのDDoS攻撃:対策はデフォルトパスワードを使わないことだが・・・:

« 昔使ってたサーモグラフィは液体窒素が必要だった | トップページ | トイレカレンダー:2017年は武将 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ